2007/05/12

New Bike!

えーっと、コンバンワ、MAKO-Pです。

GWには上越にて全日本BMX選手権があったわけですが、われらが大泉のヒーローとあがめる人の一人でYOU39君がやってくれました!

なんと全日程全ヒートNo.1でっす!

すごいです。

そういうこともあって、僕的には一人お祭り状態で、思わず記念にやってまいました。

New20inchです。あのGAN君モデル(Un Authorized GTW)を遂に手に入れてしまいました。^^

ということで、今日はシェイクダウン。
組み上げは自分自身でやるのですが(勿論ニタニタしながら組みました^^;)、フレームの溶接がめっちゃ綺麗、塗装も綺麗、内部の処理(溶接後のバリなんかも皆無)も綺麗、ホイールの調整も楽、いやぁ、いい仕事してますわ、マジで。

重機オタクな僕としては綺麗な仕事の製作物を見ると鳥肌が立つのですが、もう鳥肌立ちまくりでした。

肝心のインプレッションです。
ジャンプも飛べないヘタレな僕ですが、多少の違いは解るつもり。

当初SUPERCROSSから乗り換えにあたり、気になったのが、素材の軟らかさ、そしてリアセンター長なんです。もともと硬めが好みだったのですが、若干ソフトな乗り味ではあるもののプッシュが効率よく入ると言うのでしょうか、絶妙な味付けです。かといってリア周りが軟いのかというと、そうではないみたいです。

乗り味に影響するというのでしょうか、ロールのタイミングにかなり影響するリアセンター長なんですが、偶然にもSUPERCROSSと同じでした。これは有難かったです。とかくマクレ気味になることが怖い20インチで、リアセンター長の短いBIKEは少々苦手な私。逆にリアセンターが長くても遠慮無しに脚を入れることのできるBIKEが理想でして、その辺もUA-GTWは文句なしです。

後はヘッドが若干寝てるのでしょうか、ちょいとSUPERCROSSと比較するとクイックさが薄まったかなという感じです。でも僕にはこの位がいいのでしょう。正直UAのJohn Blazeのヘッド角の寝てるのには参った経験をもつ僕としては、気になる項目の一つでしたが、BMXとしてはホイールが小径であることから、逆に安定感を増す方向のセッティングとなっているのだと理解しました。

ふぅ、ヘタレなインプレッションはこの辺にしておきますが、BIKE自体の挙動の変化点が解り易いBIKE造りがなされているようです。

とにかく嬉しくて、いいモノ買ったなということです。

ニタニタな38歳でした。

では。

No comments: