2008/09/05

夜明けの街で

不倫するやつなんて馬鹿だと思っていた。
ところが僕は、その台詞を自分に対して発しなければならなくなる。
ただし、その言葉の後に、こう続ける。
でも、どうしようもないない時もある。


毎度~、idaでございます。
変な始まり方でしたね。^^;

最近、といいますか昨年秋から電車通勤から車通勤となったため、なかなか本を読む時間を作るのが厄介でした。
電車だと行き帰りの時間を有効に使えるので割りと読んではいたのですがね。

ちょっと本も読まなアカンなぁと思いつつ、とある日に書店へ行きました。

久しぶりに文庫本ではなく単行本でも奮発してみるかと思い、購入したのが『夜明けの街で~東野圭吾』の本でした。

東野圭吾の本で有名なのは、『探偵ガリレオ』でしょうかね。
以前ドラマで福山雅治と柴咲コウが主演してましたよね。そのドラマの原作者です。

話を戻します。

『夜明けの街で』、本の帯には眞鍋かをり嬢がコメントしておりまして、「恋の切なさに胸が締め付けられました。」等と記されており、東野作品の中でも珍しく『恋愛を中心』にした内容の小説です。

が、単なる恋愛モノではなく、ラストでは!!!!!なシーンが待ち受けてます。

この人の本は非常に読み易い、そして結末でのどんでん返しが非常にエキセントリックで、といった具合の本が多いのが特徴ですね。

実際ドラマ化されたのはガリレオの他には『白夜行』なんかも面白いですねぇ。
そんでもって『白夜行』の続編に位置する『幻夜』、これもイイです。

映画化された作品では『手紙』があります。映画では沢尻エリカが出ているのですが、めちゃ可愛いです。映画と本では主人公の目指していたモノに違いはありますがね。

今単行本以外にも面白そうなのがいっぱいあるので、またコレ!といったのがあれば紹介します。



あ、肝心の『夜明けの街で』の感想ですが…。
可も無く不可も無く、といった感じの小説です。
恋の切なさ…、と言っても所詮不倫の恋の切なさなんですよね。

それでも恋の切なさと主人公の裏側に潜む事件の真相とが絡み合って、最後に…。

やっぱり東野作品は面白い!

その一語に尽きます。

4 comments:

Anonymous said...

最近読みました。ハードカバー買えずに文庫本を待っていました。「容疑者Xの献身」なかなかおもしろかったです。日曜日、宜しくお願い致します・・・

ida said...

毎度です。コメントありがとうございます。
『夜明けの…』は文庫本出てたんですねぇ。もっと探すべきでした。^^;

ん?
すいません、どちら様でしたでしょうか?

Anonymous said...

ゆうなお父です。文庫本は、「容疑者Xの献身」のことです。「夜明けの…」は、まだ呼んでません。名前書くの忘れてました・・・すみません。明日頑張ってください!

ida said...

>ゆうなおパパ様
多分そうかなぁとは思っておりました。^^;
失礼致しました。m(__)m

ここのblogなんですが、ちょっと解りづらいのが玉に瑕なんです。

コメント欄を開くと、
四つほど選択できる○が出てくるかと思いますが、下から三番目(Anonymousの上)のName/URLを選択すると名前が打ち込めます。

明日の662はパパさんお仕事のこと、残念ですがまた大泉でお会いしましょう!