2008/11/27

Meeting

毎度ー、今朝起きたらパジャマのボタンが全部外れてて鼻水じゅるじゅるのidaでございます(悲)。

昨日は関連会社の会議ということで昼前から本社。
夜の部あるとのことで久しぶりにスーツを着ていったら、みんなに珍しがられました。^^;

どんだけ作業服で本社をうろうろしているんやろ…。^^;

普段の僕は作業服が多いのですが、メインの作業場が工場なもんで皆に合わせている感じです。
ま、スーツは堅苦しいし、スーツでのCRT作業は肩や首が凝るので作業服での作業は楽ということもあって工場勤務は非常に有難く思ってます。

さて、肝心の会議ですが4時間ほどみっちり。
現在の問題点やら、今後の生産体制、操業現場の移行に関する工程etc.についての打合。

色々と課題の多い現場ではあるのですが、現場の社員さん方は前向きな方が多いこと、面倒臭い事でも協力的な方々ばかりなので工程を組んだりする僕としては非常に助かってます。

何事でもそうですが、ただ口を挟むだけの奴、実行する前から言い訳の多い奴、目標が未達なのに未達で満足しちゃって開き直る、居直る、言い訳する奴、そういった奴が多い現場はアカンね。

特に目標が未達なのに居直るのは最悪やね。

目標が未達であってもそこに至る過程の努力、そこまでの評価全て台無し…。

モノ作りなんかでは良く知られているのがJIS規格。品質管理上の規定を設けてあって、ある一定の品質基準を満たすべくISO的な手法も用いつつ品質を管理するんですね。

例え話。
あるモノを作ったとして、仮にそれ自体が実行上問題無いレベルではあるものの規定に記載してある管理値から外れている場合。

実行上問題無いから、それでヨシとする。

これは全く以てお話になりません。

モノ作りに携わる資格は全くありません。


ウチの会社にもこういった人間が品質管理責任者を務めていた事もありましたが、論外です。
まぁちょっと遅めではありましたが、配置転換されましたがね。

勘違いして貰っては困るのですが、『使用上問題無い』というのと『規定上問題無い』という事には大きな差異があります。

ま、この辺になってくると人間の資質自体も問われて来ますよね。

僕の場合、こういった人間に対して、一度は説得を試みます。
が、一度話しても理解してくれない、理解しようとしない人間は僕の視界から完全に消すようにしてます。

だって話すだけ無駄やし…、そこで僕は立ち止まる訳にも行かない。

長くなりました。

それにしても寒い日が続きます。
風邪など召されぬようご自愛のほど。

では。

No comments: