2016/07/24

昔話

先日アトカフェハコニワギャラリーのマスターとお話しした内容の一部をご紹介。
何で僕がトンネルを掘る現場の道に進んだのか?という話題になりました。

ちょっと長くなりそうなので、Blogで書いている、そんなところです。

実は、いわゆる土木とか鉱山とかの現場監督業、おもっくそ嫌いな仕事なんです。
僕をご存じの方は、そんな風に思われない方が多い事と思いますが、コレ本当です。
とにかく3K仕事なんて大嫌い!


なんですが、じゃぁ何でそんな仕事に就いているの?

理由は、僕が高校生の頃に髪を切りに通っていた髪切り屋さんのマスターの一言がすごく衝撃的で、その影響なんですね。

マスターからの質問で、将来何になりたいの?と聞かれたときの事。
僕自身は、大学に進学して、いわゆる横文字業種(PCとかシステム関係)に就きたいと返事をしたんですね、確か。
で、マスターからは、それ好きな仕事?やりたい仕事?
と聞かれ、間髪入れず「Yes」と答えた僕。

で、マスターは「それで良いの?」、
「好きなことを仕事にする、続けるのはすごい大変な事だ、嫌いな分野の仕事を天職にする、ってどうかな?」、
みたいな事を言って来たんです。

今まで、自分の好きな仕事を見つけなさい、やりたいことを見つけなさい、って言われ続けてきた僕にはすごく衝撃的でした。

そんな衝撃発言をしたマスターのお店が、これまたシャレオツ。
お店は吹き抜けになっていて、マスターが声を掛けると、多分彼女さんだと思われる、素敵な方が上から見下ろしてくるんだよね。
めちゃカッコ良かったなぁ、マスター。

この時は、マスターは好きな事やってんじゃん!とか思ったけど、実際仕事を選ぶ段階になって、好きではないけどビッグなプロジェクトに携われる仕事を選んだつもり。
ま、今はしがない派遣社員ではありますが、、、^^;

でも、色んな選択をして、今の自分があって、趣味のカメラではそれなりに人に知られるようになって、ありがたい事に僕の撮影した写真がキッカケで人と人の縁が繋がり、広がり始めて来たり。

選ぶ道はそれぞれ、どれが正解とか不正解とかなんてない。
ただ、選んだ道を後悔せずに突き進んだら、きっと仕事以外でも何かが開けてくるはず。

これから進路を決める方の参考には全くならないと思うけど、こんな人生を送っている僕みたいなのも居ます。

たまに、こんな長いエントリーも良いですかね(^^)
おしまいまい。

No comments: