2008/11/11

事故?

毎度ー!idaでございますぅー。

近々のニュースで、宇都宮市の砂風呂遊びでの事故がありましたね。

一緒に遊んでいた同級生らは心痛めているとか、学校では『砂風呂遊び』に関するアンケートを実施したとかなんとかですが…。

アンケートするなんてアナタ方教師はどんだけ暇人なんやろね。ーー

こういった学校で何かしらの事故やら事件が起きる度に、本当に教師って何してるんだろ?って疑問に思います。

少なくとも事故再発に努めるべく対処すべきでしょ。
アンケートなんか不要でしょ。

あーしたら、こーしたら、どういった結果が待ち受けているのか?それを知らしめる必要があるでしょ。
それと繰り返しやね。
人間は喉元過ぎれば熱さを忘れる動物。
発展途上の生徒や児童には繰り返しが必要です。

話を戻して、何で心を痛めている同級生に心のケアが必要なの?

少なくとも一人の人間の命を奪い掛けた、重体に至らせた行為そのものの『非』を徹底的に認識させるべきだし、大丈夫大丈夫では済まされないはずですよね。
心のケアの前に自分達がしでかした『事の重大さ』を認識させるとともに、ありきたりですが『命の尊さ』そういうことの教育の方が重要だと思うのは僕だけでしょうか?

あのー、トラウマにならないよーにとかの配慮かもしれませんが、トラウマになってもしょうがないことをしでかしてるんだから、事実を事実として受け止める、受け止めきれない場合なんて想定すべきじゃないし、時間が掛かっても真っ正面から事実を消化させる、そういったケアが真の意味での心のケアではないでしょうかね。

加害者でも子供だから…、で済ませては駄目。

重体の男子の立場に立つこと。
重体の男子の親御さんの気持ちに立つこと。

そう言った立場で自分の教え子を教育できる教師は今は非常に少ないんじゃないかな?

今の若い教師に限らず、いわゆる『生え抜きの教師』つまり教師しか経験の無いヤツにまともな人間は非常に少ない。

ここでこんな事を書いても不毛ではあるのですが、これを読んでご立腹の教師の方がもしいらっしゃって、コメントでもなんでも文句を書きたい、そんな気持ちを持たれたら…。



コメントを書く暇、怒る暇があるなら、もっと教師としての質を上げるべく努力せーよ、と言いたいですね。

教師の方々は色々言うんだよね。暇じゃない、と。

いやいや、普通社会人なら暇な人はいないやろ。

暇じゃないと言う暇があるならもっと働いて欲しいもんですわ。苦笑


ただ悲しいかな教師の問題だけでなく常識の無い親が存在するのもこれまた事実。

いずれにせよ相応の覚悟を以て『教師たれ』と言いたいですね。

君ら教師の商売は人の命を預かって初めて出来ることなのだから。

No comments: