2008/09/05

伊太利亜

毎度ですー、昨日のパトロールは無事終了したのですが、久しぶりに携帯の通じない山の中で汗をかいたidaでございます。

>MMC in 662
天気予報も快方に向ってるようですネ♪
ちょっとしたイベントではなくかなり大人数になるこのイベント、楽しみです。

>BOMBER
唐突ですが、MTBのFork、交換しました。
タイトル通り、Marzocchiです。XC600-ATA2というモデルで、仕様はこんな感じ。
ストローク長;可変90-130mm
ダンパー;エアー/オイル

何に惹かれたのか?
と問われると、All Mountainライクな使い方が出来るかなと…。

実際MaguraのMenja100にはその剛性感、動作の質に不満は無かったのですが、肩下長が長い…。
僕みたいに体重がHeavyな場合、Forkの肩からのみエア(ポジ側)を入れるタイプだとインナーチューブが仕様ストローク長より若干伸びる傾向にあるんですよね。

これは過去にFOXのFLOAT-100Rでも実験したことがあるのですが、最大エア圧まで加圧すると、かならず仕様ストローク長よりインナーチューブが伸びて来ます。ROCKSHOXやKOWAが発売しているモデルでDUAL-AIRタイプだとこういったことはありませんし、FOXでもTALASの様な可変ストロークタイプはシングルエアでも伸びる事はありません。

どうもストローク固定、シングルエアの場合にこういった事象が起きるようです。

それとMaguraのMenja100と今回購入したMarzocchi-XC600の肩下長を比較したところ、後者の方が10mmストローク短いのですが、肩下長では25mm違ったんです。

つまりXC600を100mmストロークに変更したとしてもMenjaの方が15mmは肩下が長い事になります。
クラウン部分の厚みが影響しているのでしょう。

アレコレ講釈が長いのですが、エア圧を高めにしてもストローク長の仕様値より長くなる方向で変わるのは何となく僕の中で受け容れがたい事象です。

少しでもローハイトに出来るならそれにこしたことはない。そんな感じでしょうかね。
まぁ、Fork替えても乗り手のテクは何ら変わらないのが悲しいところではありますが…。^^;

それでは週末662にてお会いしましょう!

#追記#
Menjaに興味有る方は連絡下さい。
ただしステ管、めっさ短いです。175mmかな?男前Bikeにするなら無問題です。^^v

1 comment:

Anonymous said...

yoo... really like this thread :))